介護士 ケアマネージャー 介護福祉士 資格 方法

介護士 ケアマネージャー 介護福祉士 資格 方法

介護士 ケアマネージャー 介護福祉士 資格 方法

介護士 ケアマネージャー 介護福祉士 資格 方法

介護士 ケアマネージャー 介護福祉士 資格 方法
介護職員の中で「介護福祉士」の比率はどれくらい?

急激な高齢化によって常に足りない介護職員の数
介護士 ケアマネージャー 介護福祉士 資格 方法
介護を必要としている人は増えているけれど、介護する職員が足りない。そんな声があちこちの現場から上がっています。しかも、団塊の世代が75歳を迎える平成37年までに必要とされている介護人員の数は253万人。このままいくと、38万人不足すると推計されています。

一方、心配なのは人数の不足だけではありません。介護は技術のいる仕事。そのため、介護職の人数を増やすだけでなく、質も高めていく必要があります。そんな介護技術の質を証明するのが国家資格である介護福祉士資格。けれど、介護職員の中で介護福祉士の資格を持っている人の割合は決して高くはないようです。

介護福祉士の比率は介護職員全体の31.7%!

平成20年度時点の調査によると、介護の仕事をしている人のうち介護福祉士の割合は31.7%。つまり、およそ3人に1人しか介護福祉士の資格を持っていません。もちろん、介護の資格は介護福祉士だけではなく介護職員初任者研修(=ホームヘルパー2級)や実務者研修などもあり、自分で進んで技術を学んでいる人もたくさんいるので、介護福祉士の資格を持っていない人がすべてスキル不足というわけではないでしょう。しかし、介護職員全体で3人に1人の割合だとすると、現場によっては介護福祉士を持つ職員が足りず、質を担保しにくいところもあるのではないでしょうか。それに、今は資格を持っていない介護職員が介護福祉士資格の取得を目指しているかというと、実際はそうでもないようです。

介護士 ケアマネージャー 介護福祉士 資格 方法
介護職員が介護福祉士を目指さないワケ

平成17~18年にホームヘルパー2級の資格を取得した方を対象に行ったアンケート。そこで資格を取得した2年後に介護福祉士の資格取得の意向を聞いたところ、53.4%の方が「介護福祉士の資格を取得する予定はない」と回答されました。回答者の約4割が50代。「自分の年齢を考えると必要性を感じない」と考えている方が多いようです。
仕事の合間に資格の勉強や受験をするのは大変なこと。年齢だけでなくそうした取得の手間を考えると足が遠のいてしまう方も少なくないのかもしれません。

ただ、勤続年数が長くなると、介護福祉士の資格取得の比率も増えるというデータもあります。勤続15~20年未満であれば、介護職員の半数以上が介護福祉士の資格を取得するようです。若い人が介護の仕事に挑戦しやすくなり、介護業界で長く働き続けられる環境づくりを進めることが、介護福祉士へのキャリアアップを後押しするのかもしれません。

介護福祉士を誰もが目指したくなる資格へ

資格がなくても、介護の勘どころやコツをつかんで丁寧で高度な介護をされている方もたくさんいますし、多くの方は毎日懸命にスキルを磨きながらお仕事に向き合っていることでしょう。けれど、より専門的な知識を身につけることができ、今後のキャリアアップも見込め、仕事の幅も広がっていくのが介護福祉士。さらに、介護福祉士は介護職員初任者研修を持っている人より月収が約3万円程度高いことが分かっています(厚生労働省資料:平成20年度データより)。

介護職員の数も質も向上していくためには、こうした介護福祉士資格を持つことのメリットがさらに広がっていくことが期待されています。

離職率が高いのは給料が少ないからです。

介護士の平均月給が約21万(夜勤手当は別)というデータが出ていますが、甚だ本当なのかと疑問です。

介護士として現場で働き始めた頃、夜勤を4、5回して手取り15万無かった。

もしかしたら、この平均月給って上層部の月給も平均月給に入ってますか?

上層部は施設長やらなんやらと直接的な介護士ではないです。

介護業界の8割が現場のヘルパーです。
残りの2割が生活相談員やらケアマネやら(在宅で言えばサービス担当責任者等)ですよ。
その8割の方が給料に不満と思っているわけです。

せめて、夜勤しなくて手取り15ならわかります。

夜勤しなかったら手取り12ですよ(デイサービス勤務等)

離職率が高い理由。

どんな業務内容であっても生活出来なければ所詮その程度だと思われてしまいます。

大部分は生活する為に働くのです。

福祉、ボランティア精神とかそんなイメージが先行しているから低賃金で働く結果につながっている様に思います。

介護士 ケアマネージャー 介護福祉士 資格 方法
本当に福祉で一生働くつもりなら、本気で給料面を考えるわけです。

極端、キツくても給料さえ良ければ頑張れるわけです。

ここの改善がなされなければ、いつまで経っても介護業界は発展しませんし、これからの超高齢化社会は確実に破綻します。

介護福祉士とは、社会福祉士及び介護福祉士法に基づき、介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上・精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある人の心身の状況に応じた介護を行い、その人や介護者に対して介護に関する指導を行う専門職の国家資格です。1987年(昭和62年)にできた制度で資格登録者は1,398,806名です。(2015年10月末日現在)

介護福祉士は、利用者の生活全般を理解し、介護に関する適切な判断と行動ができること、そして、よい人間関係を築けるコミュニケーション能力を備えることが求められます。高齢化が進む中、介護の中核を担う介護福祉士の役割はますます重要になっており、社会から期待されています。

介護福祉士の主な仕事

介護福祉士は、おもに利用者の居宅を訪問したり、特別養護老人ホーム、身体障害者施設等の社会福祉施設の介護職員として介護業務にあたっています。また、介護業務のほか、在宅介護の場合は介護方法や生活動作に関する説明、介護に関するさまざま相談にも対応しています。

生活支援

身体介護のような具体的な介護とは別に、高齢者や障害者などの利用者の生活援助を行うこともあります。利用者の家に訪問して、利用者が自分で行うことが難しい炊事や洗濯、買い物などの家事を行います。

介護士 ケアマネージャー 介護福祉士 資格 方法

社会活動支援

利用者が介護を必要とする状態になった場合、自由に動けない等の理由により、身近な人間関係から孤立してしまうことがあります。人々の間をお互いの話を通じて取り持ち、社会の一員として穏やかで安定した生活が送れるよう支援します。

相談・助言

利用者や、介護をしている家族に対しての助言や、介護に関する相談などを受け付けます。より良い形での介護や、利用者の自立した生活のために適切なアドバイスを行います。

身体介護

利用者の自宅や介護施設において身体介護を行います。日常生活を自分ひとりで行う事が困難な利用者に対して、食事や排泄、入浴などの生活に関する様々な動作をそれぞれの症状の度合いや環境などに応じて介助します。

介護福祉士の働く施設

介護福祉士はさまざまな業態の事業施設で働いています。
大きく分けて居住施設型、特定施設型に分類され、さらにその中でも業態や制度に応じて各種施設が設けられています。

特別養護老人ホーム

介護老人保健施設

身体障害者療護施設

デイサービスセンター

在宅介護事業所

グループホーム

介護福祉士になるには

専門学校、短期大学、大学などの、厚生労働大臣の指定する養成施設を卒業し、介護福祉士資格を登録することで資格を取得できます。または、3年以上の介護実務経験もしくは高等学校の福祉科福祉コースを卒業後に、国家試験に合格することで登録・取得が可能です。

※なお、厚生労働省のwebサイトに「社会福祉士及び介護福祉士養成課程における教育内容等の見直しについて」が掲載されておりますのでご参照下さい。

養成施設を卒業するコース

1.2年制以上の養成施設(専門学校、短期大学、大学)を卒業する
2.福祉系の大学で指定科目を履修した者が1年制の養成施設を卒業する
3.社会福祉士養成施設等を卒業(修了)した者が1年制の養成施設を卒業する
4.保育士(保母)養成施設卒業者が1年制の養成施設を卒業する

資格取得

詳しくはこちら(公益財団法人 社会福祉振興・試験センターホームページ)をご覧下さい。

国家試験を受験するコース

1.介護等の業務に3年以上従事する
2.福祉系高等学校を卒業する

介護福祉士国家試験→資格取得

※NHK学園等で実施する通信制も含まれる。
※国家試験の詳細はこちら(公益財団法人 社会福祉振興・試験センターホームページ)をご覧下さい。
介護保険施設のひとつで、介護保険法では介護老人福祉施設、通称で「特養(とくよう)」とも呼ばれています。
常時介護が必要な65歳以上の高齢者で、自宅での生活・介護が困難な方が入居しています。
日常の生活の場として、日常生活の介助や健康管理等が行われます。
地方公共団体や社会福祉法人が設立することが多く、近年では全室個室・ユニットケアに取り組む施設が増えています。

施設の役割

主に要介護認定を受け、常時介護が必要で自宅で自力で生活することが困難であり、在宅介護サービスより施設への入居が望ましいと判断された方を対象に介護を行う施設です。日常生活の生活支援・介護全般や健康管理・機能訓練、通院のサポート等を行います。
入所期限は無く、入院等によって転院となる場合を除いて無期限で入所可能となっています。
入所しての介護や、日数を限定しての入居となるショートステイ、居宅から施設に通って介護を受けるデイケアなど、利用者に合わせたサービス形態があります。

介護福祉士の仕事

主に、生活に伴う身体介護や、利用者の健康管理、炊事・洗濯等の生活支援、リハビリテーション(機能訓練)、レクリエーション等を行います。
病気や障害で介護が必要となり、自宅での日常生活が困難になってしまった利用者の、在宅での自立した生活への復帰を目標に日常の介護や健康管理、リハビリテーションを行う施設で、「老健(ろうけん)」とも呼ばれています。
入所しての介護や、日数を限定しての入居となるショートステイ、居宅から施設に通って介護を受けるデイケアなど、利用者に合わせたサービス形態があります。

施設の役割

利用者が最終的に自宅に戻り、自立した生活を送ることを目標にして介護・リハビリテーションを行う施設です。
利用者の日常生活に必要な介護サービスに加え、リハビリテーション(機能訓練)や心身の機能維持、健康管理等を行います。介護老人福祉施設に比べてリハビリテーション用の器材が充実している他、リハビリテーションスタッフや看護師、医師の配置により、在宅復帰に向けた介護サービスがより充実しています。在宅復帰を目標にしているため、利用者ごとに3ヶ月毎の入所判定が行われるのも特長です。

施設での仕事

主に、生活に伴う身体介護や、利用者の健康管理、炊事・洗濯等の生活支援、リハビリテーション(機能訓練)、
レクリエーション等を行います。
所属する介護福祉士が、介護が必要な利用者の居宅を訪問し、日々の生活を自立して行えるように支援します。
着替え、入浴、排泄や食事等の日常生活の身体介護から、買い物や洗濯、掃除等、家事全般の生活支援も行います。

施設の役割

介護が必要な利用者の居宅に介護福祉士が直接訪問して介護サービスを提供します。
利用者の住み慣れた環境・自立した生活をできる限り維持し、利用者や家族の希望に沿う介護サービスを行うことができます。

施設での仕事

主に、生活に伴う身体介護や、利用者の健康管理、炊事・洗濯・買い物等の生活支援を行います。
病気や障害で介護が必要となり、自宅での日常生活が困難になってしまった利用者の、在宅での自立した生活への復帰を目標に日常の介護や健康管理、リハビリテーションを行う施設で、「老健(ろうけん)」とも呼ばれています。
入所しての介護や、日数を限定しての入居となるショートステイ、居宅から施設に通って介護を受けるデイケアなど、利用者に合わせたサービス形態があります。

施設の役割

利用者が最終的に自宅に戻り、自立した生活を送ることを目標にして介護・リハビリテーションを行う施設です。
利用者の日常生活に必要な介護サービスに加え、リハビリテーション(機能訓練)や心身の機能維持、健康管理等を行います。介護老人福祉施設に比べてリハビリテーション用の器材が充実している他、リハビリテーションスタッフや看護師、医師の配置により、在宅復帰に向けた介護サービスがより充実しています。在宅復帰を目標にしているため、利用者ごとに3ヶ月毎の入所判定が行われるのも特長です。

施設での仕事

主に、生活に伴う身体介護や、利用者の健康管理、炊事・洗濯等の生活支援、リハビリテーション(機能訓練)、
レクリエーション等を行います。

施設へ入所するのではなく、介護が必要な在宅の利用者を通所させて、日常生活のケアなどを行う施設です。
施設では、居宅からの送迎、生活面での介護に加え、運動やレクリエーションなどの各種サービスを提供しています。
介護だけでなく、身体機能の維持やレクリエーションでの交流を目的に通う利用者も多い施設です。

施設の役割

主に日中に車による送迎等で通所し、介護が必要な利用者へ介護サービスを提供する施設です。
生活介助などをはじめとした日常生活の支援から、リハビリテーション・機能訓練、レクリエーション等を行います。

施設での仕事

主に、リハビリテーション(機能訓練)、生活に伴う身体介護全般や、利用者の健康管理、炊事・洗濯等の生活支援、
レクリエーションを行います。
主に認知症をはじめとして、身体の病気や障害で日常生活に介護が必要な人が、介護福祉士のサポートを受けながら共同生活する施設です。 比較的少人数のユニット単位で、入居者の方の能力に応じて自立した生活が送れるようサポートします。

施設の役割

介護が必要な利用者が、介護福祉士のサポートを受けて集団生活をする施設です。
5~9人程度のユニットに分かれ、利用者の能力に応じて役割を分担しながら炊事・洗濯といった家事等を行います。
施設も他の福祉施設に比べて一般的な住宅に近い、あるいは住宅を模したものが多く、利用者は自分の家のような感覚で共同生活を送ることができます。

施設での仕事

主に生活に伴う身体介護や、利用者の健康管理、炊事・洗濯等の生活支援、リハビリテーション(機能訓練)、レクリエーション等を行います。

介護福祉士ってどういう資格ですか?

社会福祉士及び介護福祉士法に基づく国家資格です。詳しくは、こちらをご覧ください。

介護福祉士と訪問介護員(ホームヘルパー)資格との違いは?

介護福祉士は、上記の通り「国家資格」です。
訪問介護員(ホームヘルパー)資格は、都道府県知事による「公的認定資格」です。

ページ先頭へ

資格取得の方法

どうやれば介護福祉士を取得できますか?

介護福祉士を取得するためには、3つの方法があります。
(1)厚生労働大臣が指定する介護福祉士養成施設を卒業する
(2)実務経験を経て国家試験に合格する
(3)福祉系高校を卒業し国家試験に合格する
詳しくは、こちらをご覧ください。
介護士 ケアマネージャー 介護福祉士 資格 方法

国家試験を受験するためのゼミなどはやっていませんか

協会では、一切行っておりません。
2次試験(実技試験)対策の演習なども行っておりません。

ページ先頭へ

養成施設について

指定養成施設とは、何ですか?

厚生労働大臣が指定する学校のことです。養成施設とは、法律用語です。

指定養成施設について詳しく教えてください。

高卒以上の方が、2年制以上の養成施設に通学し、卒業することで介護福祉士を取得できます。
その他、保育士資格をお持ちの方や福祉系大学卒業者・社会福祉士受験資格をお持ちの方に対しては、1年制の養成施設があります。詳しくは、こちらをご覧ください。

指定養成施設を卒業しても国家試験を受験するんですか?

平成29(2017)年3月末日までに養成施設を卒業される場合、国家試験は受験しません(卒業すれば「介護福祉士」を登録できます)。
ただし、養成教育目標達成度評価のために、平成9年度から各養成施設で、「卒業時共通試験」を協会が実施しています。なお、公益財団法人社会福祉振興・試験センターのwebサイトに「資格取得ルート図」が掲載されていますのでご参照下さい。

指定養成施設は、どこにありますか?

平成27年10月現在、全国に404学科の養成課程があります。詳しくは、こちらをご覧ください。

高校中退ですが、指定養成施設に入学できますか?

指定養成施設は、高等学校卒業以上かそれに準ずる者が入学資格です。
高等学校卒業程度認定試験などに合格する必要があります。

働きながら通いたいのですが、可能ですか?

夜間部(3年制以上)の学校があります。一覧はこちらをご覧下さい。ただし、介護実習は昼間が中心になります。

通信制の学校はないのですか?

実技を修得する養成なので、通信教育は認められていません。ただし、NHK学園が行っている通信教育講座を修了することによって、国家試験の受験資格を取得できます。

入学するには性別・年齢制限はありますか?

原則的にはありません。ただし、学校によっては、入学資格を「女子のみ」などとしているところもあります。

保育士資格を持っています。

保育士(保母)養成施設卒業者は1年制の養成施設に入学できます。試験で取得した方は2年制以上の養成施設へ入学して下さい。

社会福祉士受験資格をもっています。

1年制の養成施設に入学できますが、現在のところ該当する施設はありません。
(保育士の一年制の学校とは異なります)

福祉系以外の大学を卒業しましたが

一般の高等学校卒業者と同じ扱いになります(制度上、編入制度などはありません)。

在学中に引っ越しをしましたが、転校は可能ですか?

養成施設間での転入・編入が認められる場合があります。各養成施設にご相談下さい。
これから介護業界に就職・転職される方や既に実務で働いている方が取得すると、年収 UPやキャリアアップにつながるオススメ資格を紹介 … 日本はこれからが超高齢化社会 を迎えますので、今後、数十年間の介護士としてのキャリアに間違いはないと思います。
介護・福祉資格一覧

介護職員初任者研修

実務者研修

介護福祉士

ケアマネジャー

介護事務

ガイドヘルパー

介護予防運動指導員

福祉用具専門相談員

福祉住環境コーディネーター

高齢者コミュニケーター

社会福祉士

介護士 ケアマネージャー 介護福祉士 資格 方法

お役立ち

現場からの視点

体験談

介護福祉士受験記録

ケアマネ合格体験

移動介護従事者 養成研修

大学に通って社会福祉士試験合格
介護予防運動指導員

介護予防運動指導員

介護予防運動指導員とは、高齢者の方が要介護者にならずにすむように筋力トレーニングや運動を通して身体のケアを行うことができる人のことを言います。

年齢を重ねても生き生きとしたライフスタイルを過ごしてもらう為に欠かせない介護スキルです。

介護予防運動指導員になりたい!

1予防が目的の資格
他の介護福祉に関する資格が「介護を中心」としているのに対して、この資格は介護を必要としないように予防という点に着目した支援ということに特徴があります。

2どう仕事に活用できる?
介護が必要となった人に対しても、それ以上の運動能力や残存機能の低下を防ぐという意味合いから福祉、介護系の施設職員の方が取得されるケースが多いです。

例えば、デイサービスのレクリエーションなどは、この「予防」を目的として身体を動かしてもらいます。
そんな時に、介護予防運動指導員の資格を持っていると、現場でリーダーを任されたり、高齢者の方から信頼されやすくなります。

また、介護福祉の資格とは言えませんがスポーツトレーナーに関する資格を勉強して、この資格と合わせることで専門的な筋力トレーニングの指導を組み合わせて行っている指導員の方もいらっしゃいます。

工夫次第によっては、介護業界において差別化された人材になることもできるのです。

逆に、スポーツ関係の施設やインストラクターの方も、介護方面からのアプローチを学ぶ際に取得されることもある資格です。

3介護予防運動指導員になるには?
介護予防運動指導員になりたい場合は、「財団法人東京都高齢者研究・福祉振興財団」などが指定する受講施設やスクールを受けることが必要となります。
受講する講座によって内容は異なりますので事前の確認が必要になります。

受験資格は介護福祉士や社会福祉士といった所定の資格を保有し、実務経験が2年と規定されています。
費用は8万円前後を基準にしているものが多くなっており、最短1ヶ月で取得が可能です!

またこの介護予防運動指導員とは別に「東京都健康長寿医療センター研究所」が主催する「介護予防主任運動指導員養成事業」というものがあります。

こちらも介護予防運動指導員と学ぶ内容はほとんど変わりませんし受験資格に福祉に関する国家資格を前提としています。
該当する資格を保有している方はこちらの講座を受講されるのもいいかと思いますが、こちらは資格を授与されるものではありませんので注意が必要です。
おすすめプランから選ぶ介護資格!

1ヘルパーから、介護福祉士やケアマネを目指す王道プラン

資格名

期間/費用の目安

取得するメリット

介護職員初任者研修
(ホームヘルパー2級)
人気度:★★★★★ 最短1ヶ月
5万円台~
介護業界で一番最初に取得する資格で年収UP・キャリアアップの第一歩!
介護福祉士へとつながっていきます

実務者研修
(ホームヘルパー1級)
人気度:★★★★☆ 保有資格によって異なる
介護福祉士を受験する為に必須の資格という橋渡し的な役割を持っています
現場でのサービス提供責任者にもなれます

介護福祉士
(受験資格も要チェック)
人気度:★★★☆☆ 最短2ヶ月
8000円~
国家資格であり介護のプロと認められる
受験資格には3年以上の実務が必要!
2016年1月からは実務者研修の受講も必須

ケアマネージャー
(介護支援専門員)
人気度:★★☆☆☆ 1万円台~
実務経験5年が必要なステップアップ資格
合格率も20%という難関資格です
介護福祉士の次の目標に!

2最短3日で取得できる簡単プラン

資格名

期間/費用の目安

取得するメリット

介護事務
(ケアクラーク)
人気度:★★★★☆ 最短3日
2万円台~
介護保険制度を学びたい方や、介護業界でデスクワークしたい方にオススメ
修了試験もなく比較的、簡単に取得可能!
介護業界の中でも人気資格の一つです

ガイドヘルパー
(移動介護従事者)
人気度:★★★☆☆ 最短3日
2万円台~
車椅子を使った外出介護など、全身性障害者や視覚障害者の移動介助が可能になる資格

介護予防運動指導員
人気度:★★★☆☆ 1ヶ月
老人ホーム、デイサービス、訪問介護の現場で求められている資格!
予防分野は需要の高まりが見込まれます

https://www.facebook.com/Hospital.care.health/

3福祉系を組み合わせてステップアッププラン

資格名

期間/費用の目安

取得するメリット

福祉用具専門相談員
人気度:★★★☆☆ 最短5日
3万円台~
貸与事業所には専門相談員の配置が義務化
必ず一定以上の活躍の場がある資格です

福祉住環境コーディネーター
人気度:★★★☆☆ 3万円台~
3級と2級の合格率は約50%
1級が約5%という超難関資格

高齢者コミュニケーター
人気度:★★★☆☆ 3ヶ月
3万円台~
高齢者との接し方に悩んでいる方は多いです。自己流から抜け出す良いキッカケに!

社会福祉士
人気度:★★☆☆☆ 通学6ヶ月
通信7ヶ月
高度な知識とコミュニケーション能力が必須!医療機関や行政の地域包括支援センターなどでソーシャルワーカーとして活躍

介護, 介護士, 介護福祉士

コメントを残す

CAPTCHA