Drone ドローン安いお店ショップ購入

Drone ドローン安いお店ショップ購入

Drone ドローン安いお店ショップ購入

Drone ドローン安いお店ショップ購入

Drone ドローン安いお店ショップ購入
ドローンって何?ラジコンヘリと違うの?何が出来る?
しかし、ドローンとはいったい何なのか、ドローンでどんなことが出来るのかって事は、実は良く知らない人も多いと思うので、そんなことや、普通に販売されているドローンの紹介などをしていきます。
ドローンって何?ラジコンヘリとは違うの?

皆さんのドローンの印象はどんな感じですか?
4つのローター(回転翼)を持つ小型のヘリコプターみないなやつですか?
Drone ドローン安いお店ショップ購入
実はドローンっていうのは、元々、無人飛行が可能な航空機の総称なんです。
無人航空機のことをUAV(Unmanned Aerial Vehicle)といいます。

形としては、皆さんよくニュースなどで見る4つのローターで飛ぶタイプのものもあれば、6つのローターで飛ぶやつもあります。
何なら飛行機タイプのものだって、ラジコンヘリだって広義ではドローンと言えます。
人が乗っていないモノ全てを指すのなら、有線・無線に限らず、無人で飛行する航空機全てのことなんです。

しかし、現在、ドローンと呼ばれる物は、遠隔操作を必要とせず自立飛行が可能な物のことを指します。
例えばボタン1つで離陸場所へ戻る機能(ワンキーリターン)や、GPSを利用して目的の場所へ、決められたコースに沿って自動で飛行する機能など、プラグラムによりコンピュータ制御されたものです。

そういう意味では、紛らわしいのが〝マルチコプター(※)〟と言われるラジコンヘリです。
※3つ以上のローターを持ち、各ローターの回転数を制御することによって機体の移動や制御を行う。ローターが3つでトライコプター、4つでクアッドコプター、6つでヘキサコプター、8つでオクトコプターと呼ぶ。

ラジコンヘリは冒頭でお話ししたように、広義のドローンには入ると思いますが、現在、広く使われているドローンの範疇には入りません。
〝ラジコン〟という言葉はラジオコントロールの略称で、ラジココントロールを直訳すると〝無線操縦〟ですが、ラジコンとは何かというと「電波を利用した無線遠隔操作を利用した機器」です。
つまり、現在〝ドローン〟と呼ばれているものは、コンピュータ制御で自立飛行可能なものなので、見た目が似ていてもラジコンだとドローンではないのです。

従って各メーカーでは、自立飛行しないラジコンのマルチコプターにはドローンという名称は付けていないのですが、日本の販売店では、そのラジコンを〝ドローン〟として販売しているところもあります。

ドローンで何が出来る?どう使う?

ドローンって結構、革新的なもので、使い方はいろいろ考えられますよね。
それこそ、凄く世の中のタメになることから犯罪まで多岐に亘ります。

どんな事に役立てられるか、いくつか、思いつくまま例を挙げてみましょう。

Drone ドローン安いお店ショップ購入

●空中からの映像撮影
●空中から遠隔測量
●放射能汚染された場所の調査
●遭難場所に行っての、救助を待っている人の確認
●救難物資を届ける
●配達物を届ける
●夜間の工場や、デパート、会社などの見回り etc.

ほんとに、ちょっと考えただけですが、じっくり考えれば、どんどんアイディアは出てくると思います。

既にエクストリーム競技の世界大会などではドローンによる撮影が行われていて、かなり迫力のある映像をみることができますし、ドローンではありませんが、すでに農薬散布などは大分前から小型のラジコンヘリを使って行うことが一般的になっており、コストを大幅に削ることが出来ています。

こんなプロモーションビデをもドローンで撮影されています。
しかし、操縦する人が増えてくれば、事故も多発するでしょう。
そして、人が増えれば必ずモラルの無い者が出てきます。

また、大きな問題はプライバシーの侵害ですね。
ドローンへのカメラの搭載は簡単ですから、誰でもドローンを購入して使える状態では、問題はドンドン起こってくるでしょう。

犯罪への利用もいろいろ考えられるでしょうし、爆弾などを取り付けて遠隔操作で爆発させるなんてテロも可能になってきます。

まぁ、当然と言えば当然なのですが、色々問題が出てきたドローンの規制をするため、改正航空法が既に成立しています。
元々、ドローンは無人飛行が可能な航空機の総称だが、現在使われているドローンの定義は、自立飛行が可能なモノを指すので、ラジコンヘリとは根本的に違う

ドローンは使い方によって、様々な事に役立てられるが、犯罪への利用も色々考えられる

改正航空法は既に成立している
Drone ドローン安いお店ショップ購入

ドローンは、今はまだ普通にネット上で購入できる

ドローンとはなにか?
最近は各種メディアや新聞などでも「ドローン」というワードが跋扈していますが、それらに対して、Twitterなどでも「ドローンというのはちょっと違う…」とか「ドローンではなくマルチコプターを呼ぼう」といわれていることがありました。

確かに一部のメディアでは、マルチコプターの特製を特に理解せずに「ドローン」と一緒くたによんでいることもあるとは感じますが、なぜドローンと呼ぶことに違和感があるのか、どのような使い分けで実際はどのような違いがあるのか、今一度、「ドローン」と「マルチコプター」の違いを整理してみました。

ドローンとは?ドローンの語源は?UAVとUASとは?

ドローンは英語で「Drone」であり、オスのミツバチを意味する(Wikipedia)。ブーンとハチのような音をすることから転じて無人飛行機(UAV:Unmanned Aerial Vehicle)を意味することになり、FAA(アメリカの連邦航空局)ではドローンについては「UAS (Unmanned Aircraft Systems)」と呼称されています。

つまり、ドローン・UAV・UASに関しては、「有人ではない」無人で遠隔操作を基本とした航空機全般を指しているとかんがえることができます。その中で、軍用や商用の区別であったり、航空機の種類として、固定翼(通常の飛行機等)や回転翼機などの分類があります。

マルチコプターとは

ヘリコプターのような回転翼を用いて飛行する機体を指し、3つ以上のモーター(結果的にはプロペラ)を持つものをマルチコプターと呼びます。

トライコプター、クアッドコプター、ヘキサコプター、オクトコプターなどの呼称は、モーターの数におうじて異なります。

名称に数字を表すワードがあるように、「トライは3つ」「クアッドは4つ」「ヘキサは6つ」「オクトは8つ」です。ギリシャ語とラテン語の語源が混じっていますが、トライアングルやクアッドコア、ヘキサゴンやオクトパスなどのワードはご存知の方が多いと思いますが同じ語源となります。
2015年6月時点の航空法でも定義されている分類では、ドローン=無人飛行機が航空機には含まれず(人が乗るものが航空機のため)、模型飛行機に含まれるかどうか明確な区別はできておらず、いったんすべて区別して分類しています。

マルチコプター自体は、あくまで航空機の種類であり、有人・無人のどちらのタイプも存在します。一方無人機には、米軍の開発したプレデターのように固定翼の航空機もあれば、ホビー用途としても利用されているDJI Phantomシリーズのような回転翼機のクアッドコプターも存在します。

つまり、最近のドローンやマルチコプターと呼ばれているものは、無人飛行機で、回転翼が複数あるものであれば、ドローンともマルチコプターとも呼ぶことには問題はないと思います。

またラジコンヘリがありますが、ラジコンはラジオコントールであり、無線電波を用いて操縦することを指します。そのため、ファントムなどはラジコンである、といえますが、ドローンはラジコンであるというのはおかしいです。

ドローンをマルチコプターと呼ぶことに違和感あり?

ドローン自体は無人航空機なので、少し広すぎる概念です。
ファントムはドローンでもあるけど、より機体の特長を表現するのであれば、マルチコプターのクアッドコプター型ドローンです。

上述してきたように、無人機といえど固定翼機や回転翼機などがあり、回転翼機でもヘリコプターのようにメインの回転翼(メインローター)と尾部の回転翼(テールローター)で動くタイプもあるし、マルチコプターのように3つ以上のプロペラで飛行するものもあります。

よく知らないままドローンと呼ぶことはままあると思いますが、あながち間違えではないです。ただし、おそらく今後重要なのは、ドローンの機体分類によって、操縦方法や飛行時の注意点、または規制のかけ方が異なってくることがあると思います。

Drone ドローン安いお店ショップ購入

「ドローンが墜落した」と言っても、マルチコプターが上昇気流にあおられコントロールを失い墜落する場合などのように機体特性に応じた事象がありますし、クアッドコプターは4つのモーター・プロペラであり、1つでもモーター停止すると墜落することがありえますが、ヘキサコプターのように6つのモーター・プロペラの場合、1つのモーターが死んでも他のモーター・プロペラで機体安定をさせるような冗長性を持たすことも可能になります。

また、軍用や商用、またはホビーを含めた無人飛行機であるドローンを「上空150m以上飛行禁止」などのように言及することは余計な混乱を産むとは思います。そのため文脈においては、ドローンというよりもマルチコプター、マルチコプターというよりはクアッドコプターと表現するほうがベターなケースはあるということは理解できます。

ドローンという呼称

私は、ドローン(Drone)という呼称が好きです。

響き・発音も良く短いワードで使いやすいですよね。
少なくとも機械的な印象のマルチコプターとかクアッドコプターよりも愛着がもてますよね。

もちろん不用意な混乱などを産まないためにも言葉のニュアンスや文脈を気をつけることもよいですが、現在ニュースでドローンといえば、「おそらくクアッドコプターのホビー用途だな」というのはある程度わかりますし、専門的な記事やお話などの場合を除いては(逆に専門的な記事などであればドローンという単語も少ないとは思いますが)、あまり過敏に反応しないでもいいかな?と個人的には思います。
ドローンと言えば少し前までは軍事用のイメージが強かったのですが、近年では民間にもマルチコプタードローンが急速に普及し、その言葉をよく聞くようになってきました。ドローンは無人航空機全般を指す言葉で、無人標的機や無人偵察機など主に特定のミッションを行うための軍用のものがドローンと呼ばれていました。近年見るようになったラジコンマルチコプターがドローンと呼ばれるのは、高度な制御システムによって半自律的、あるいは自律的に飛行させることが可能となったことで、従来のホビー用ラジコンヘリのように飛ばすことだけを目的とするのではなく、特定の目的に沿ったミッションを容易にこなせるようになったためです。例えば日本でもTV局が空撮用マルチコプタードローンを運用するようになったり、海外ではAmazonがマルチコプタードローンによる宅配便を計画していたりしています。

個人向けにもアクションカメラを搭載できる安価なクアッドコプターが普及し、初心者でも手軽にドローンによる空撮などが行えるようになってきています。しかしながら、国内では航空法により飛行可能な高度や場所が定められており、これを守らないと法令違反になるばかりか下手をすれば大事故に繋がる可能性があります。実際米国ではドローンと旅客機がニアミスするという事案が起きており、国内ではドローンによる航空法違反により書類送検されたという事例が起こっています。

2015年4月には首相官邸にドローンが墜落するという事件が起き、その後も各地でドローンの墜落が相次いだことから、ドローンに対する法整備が急ピッチで進められることとなります。 そして2015年12月10日より改正航空法が施行されることとなり、今まで曖昧となっていたドローン等無人航空機に関する条文が追加され、より具体的な規制が行われることとなりました。航空法の第九章には無人航空機という項目が追加され、省令である航空法施行規則もそれに合わせて改正されました。

このページではドローンを飛ばす上で絶対に知っておくべきである航空法について詳しく解説していきます。改正航空法については国土交通省航空局HPにも各種情報が記載されているので合わせて見てみると良いと思います。
無人航空機
まずは航空法で言う無人航空機とは何かですが、航空法第2条22及び航空法施行規則第5条の2で規定され「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」というもので、これはマルチコプタードローンだけでなく、従来のラジコンヘリやラジコン飛行機のほとんどが該当します。重量200g以下のおもちゃ屋で売っているような小型のマルチコプタードローン等は従来の航空法の「模型飛行機」に該当し今回の法改正の影響は受けません。

ドローン
Drone(英)/Drone(仏)/Drone(伊)/Drohne(独)

 オスのミツバチを指す語ですが、他のハチや、アリに対しても使われます。
転じて、軍事において自動または遠隔操縦の航空機、偵察機、車両などを指す言葉。
また宇宙工学ではこれと同種のものとして、惑星探査機を意味する「プローブ(Probe(英):「さぐり針」)」というものもあります。
創作物においては、施設管理や外敵警戒を目的とした、小型の自立型浮遊ロボットとして登場することが多いようです。

 なお音楽用語で持続低音を意味するドローンは、ミツバチの羽音からの由来。

Drone(ドローン)とは

ドローンは、本来、無人の爆撃機を意味しているが、昨今、小型のホビーや実用的な無人機もドローンと呼ぶようになった。

ヘリコプターから派生し、ローターが複数のものをマルチコプター、4つのものがクワッドコプターと呼ぶ場合もある。
又、無人機をUAV(Unmanned Aerial Vehicle)と呼ぶ。

現在は、4ローター(プロペラが4枚)機が主流だが、小型化、高機能化が加速しており、GPS登載、追尾機能やスマートフォンからの操作も可能な機種が多く出てきている。

災害支援、航空撮影、農業での薬剤散布、物流等、様々な分野での利用が想定されており、GoogleやSONY等、大企業がドローンの開発に乗り出している。
ドローンがもたらす経済効果は「空の産業革命」とも呼ばれ、2025年までにアメリカだけで8兆円を超えるとされている。

ドローンとマルチコプターの違いは何なのか?そしてラジコンヘリとの違いは?

趣味

2015年はドローンが問題となりましたが、一般的な認識としてはプロペラがいっぱい付いたラジコンヘリのような物という感じですよね。

しかしそのような形の空飛ぶ模型としては昔からマルチコプターというジャンルが存在しているのです。

ニュースで問題になる度に「ドローン」の名前が出てきて規制が掛かると言われていますが、マルチコプターには規制は掛からないのでしょうか?

そして、ドローンとマルチコプターの違いはどこにあるのでしょうか?当然、ラジコンヘリとの違いも気になるところではあります。

そこで今回このブログでは、ドローン・マルチコプター・ラジコンヘリの違いと問題点やメリット&デメリットを説明しておきたいと思います。

子供の玩具にもドローンのような形の物が増えてきていますが、何か問題になっても困りますし規制の対象となるかどうかにも不安がつきまといますからハッキリしておいた方が良いでしょう!

ドローンとは?

姿形だけを見ているとマルチコプターとソックリなのですが、ドローンならではの特徴というのはどのあたりにあるのでしょうか?

首相官邸や神社などで話題になったタイプがどちらのものかわからないのですが、どうも違いを区別できていないような気もするのです。

そもそもドローンとは、もともとは軍事用として作られた小型無人航空機の事を意味するのですが・・・形状はどのような物とは定義されていないのです。

そういう意味では小さくて無人の飛行隊は大きな意味では全てがドローンになるというわけですね。

しかし、この「無人」という意味をどのように捉えるのかが難しいところではあります。

人が乗っていないという意味での無人なのか?それとも小型機が前提ですので人が乗らないのは当然として、人が操縦しなくても自立して飛ぶという意味での無人なのかということですね。

どちらにしてもドローンの定義には「無人」「自動」というキーワードが含まれていることは確かです。

マルチコプターとは?

マルチコプターというのは、形に特徴があって・・・放射状に配置された複数個のプロペラによって安定して飛ぶことができる飛行体を示すわけです。

姿勢の制御はコンピュータによって自動で行われることから比較的簡単に飛ばすことができるのがメリットと言えるでしょう。

人が乗るという意味でも、遠隔操縦するという意味でも「有人」が基本となる航空機なわけです。

ラジコンヘリとの違いは?

ラジコンヘリも人間が操縦するという意味ではマルチコプターと同じなのですが、姿勢制御の方法に違いがあります。

ヘリコバクターは2つのプロペラの回転数や向きを複雑に制御することによって浮いたり前進したりしているのです。

それに対してマルチコプターの姿勢制御は複数のローターの回転数を調整するだけで済んでしまうのです。

そういう意味ではシンプルな構造のマルチコプターの方がラジコンヘリと比べると作るのも飛ばすのも簡単ですし、故障もしにくく安全に飛べる飛行体になっていると言えるでしょう。

ドローンとマルチコプターの違い

マルチコプターというのは姿勢の制御方法が違うだけですがラジコンヘリと同類になる飛行機なのです。

しかしドローンというのは「ロボット」という意味が込められていることからもわかるとおり、無人飛行・無人操縦・自動飛行・プログラミングによる飛行・・・が行える飛行機なんですね。(形はUFOみたいですが飛ぶ機体という意味で飛行機です)

そして、いくら無人であったとしても無線操縦気として操縦者の視界の範囲で飛ばすのが前提となっているのがマルチコプターなんですね。

ドローンの場合は仮に人間が操縦していたとしても・・・地球の裏側で飛ばしたりもできるわけです。

そういうことで大きな違いとしては、操縦が無人か有人かの違いと、仮に人間の操縦であっても見える範囲で飛ぶのか見えない範囲でも飛ぶことができるかで異なってくるというわけです。

ドローンまとめ

今回は「ドローンとマルチコプターの違いは何なのか?そしてラジコンヘリとの違いは?」という内容で記事を書きましたが、今までとは違ってシンプルで簡単に飛ばすことができる機体が登場したということは・・・これからはもっと気軽に多くの機体が空を飛ぶということに繋がるわけですね。

そうなると墜落や衝突といったトラブルや問題も増えてくることになるのです。

子供の玩具や模型の世界ではドローンやマルチコプターの形の物が大半を占めるようになってくると思いますが、自立飛行できるドローンに対する考え方というのは少しずつ勉強して議論を交わす必要があるのではないでしょうか?

今までになかった飛行体が登場してきたのですから・・・我々の考え方も変えていかないといけないのかもしれません。

ドローンやマルチコプターを有効に利用するのがいいと思うのですが、事故やケガを防ぐためにも最低限の規制も必要となってくるのではないでしょうか?
ドローンとは

ドローンとは ドローンとは無人航空機のことです。十分に人が乗れるサイズの大きなものから、手のひらに乗るような小さなものまで、人が乗ることなく、なおかつ人の意志に従って飛行するものはすべてドローンということになります。

Drone ドローン安いお店ショップ購入
主流はヘリコプタータイプ

現在良く使われているのは、ラジコンヘリのようなタイプで、このタイプのメリットはなんといっても その場で離陸や着陸ができるということでしょう。ドローンは必ずしもヘリコプタータイプである必要はなく、もちろん通常の飛行機のように飛ぶものも無人航空機であればドローンになります。しかし、この場合はどうしても離陸や着陸に滑走路が必要になるため、手軽に飛ばすことができなくなるのです。ヘリコプタータイプであれば、滑走路なしでその場で上昇することによって離陸ができるほか、空中に静止したりゆっくり飛んだりもできます。操作性が非常に良いことから、市販されるドローンはヘリコプタータイプのものがほとんどなのです。
ドローンの歴史

ドローンの誕生

ドローンの誕生 ラジコン感覚で操縦ができ、危険な場所の撮影や趣味での飛行など多くの用途に使われているドローンですが、その歴史は意外と古いものです。研究が始まったのは、第二次世界大戦中と言われており、開発の目的は完全に軍事使用のためのものでした。当初は無人機に爆弾を搭載して体当たりさせるのが主な目的でしたが、結局第二次世界大戦中に実用化して作戦に成功することはありませんでした。

戦後も続く開発

しかし、戦後もドローンの軍事開発は続きます。ターゲット・ドローンと呼ばれるいわゆる標的機での使用や、魚雷の投下を目的としたものが主でしたが、このことから次第にドローンが実用化されるようになり、1970年代からは、偵察目的のドローンが作られるようになりました。中でも有名なのは、アメリカ軍によって製造されたプレデターでしょう。監視目的で開発されたプレデターですがアフガニスタン紛争やイラク戦争などでは敵地を攻撃する用途でも使用されました。現在でもドローンの軍事使用は行われていますが、こういったタイプのドローンは基本的に遠隔地から操縦者が操縦するタイプのものであり、攻撃の際に誤って民間人に被害が及ぶことも多いことなどが問題点となっています。とはいえインターネットをはじめとする最新の技術が軍事開発からスタートしていることは今や当然のことであり、ドローンの小型化や高性能化などは現在でも軍事目的での開発が主になっているのです。
ドローンはどうして飛ぶの?

ドローンはどうして飛ぶの? ドローンとは、いわゆる無人飛行機の総称ですから、非常にその範囲は広くなってしまいます。ミサイルを積んで飛行するような軍事目的のドローンの場合は大きさも大きいですし、その飛行原理も通常の飛行機に近いようなシステムが取られています。また、飛行原理に関しては、当然ドローンのタイプによって違いもあり、グライダータイプのものあればヘリコプターのようなものもあり、中には鳥のように羽ばたくものもあります。

主流はクアッドコプター

とはいえ、現在最も民間市場で人気が高いのは、クアッドコプターと呼ばれるヘリコプターのプロペラが4カ所につけられたタイプのものです。大きさや、搭載している機能はさまざまですが、クアッドコプターのドローンはテレビなどでも取り上げられることが多く、目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。クアッドコプターの魅力は、何といってもその操作性の良さにあります。プロペラが4個あるぶん、操縦が難しいのでは?と思うかもしれませんが、多くのものにはジャイロセンサーや加速度センサーなど、以前のラジコンヘリにはなかったようなセンサーが搭載されているため、抜群の操作性を誇ります。
オモチャみたいなものの どこが危険なのでしょうか?

一部の人は、ドローンのことをヘリコプターのオモチャぐらいにしか思っていないのでないのでしょうか?
違いますよ。

私も調べるまでオモチャみたいなもんだと思っていました。

ドローンは無人航空機の意味で姿形はさまざまです。

軍用のドローンですと10メートルを超える大きさの物もあり もはやオモチャと呼べるようなものではありません。

ドローンは元々、軍事用に開発されたもので 近年、軽量化されて一般にも販売されるようになってきました。

最近のドローンは、小型化とカメラの解像度が上昇しています。

調べた所 現在の最小のドローンのサイズは4センチです。

ちょっと豆知識!ドローンという名前の意味は、雄のミツバチです。

雄のミツバチが飛ぶ音とドローンが飛ぶ音が似ていたことから その名前がついたようです。

ドローンの性能は年々向上してきています。

ドローンはオモチャのようなものといえば、オモチャにもなるが、使用方法を間違えると危険なものになるといえます。

日本では、あまり危険視されていない問題であるのだが ドローンによる犯罪やテロがこれからいろいろな国で起きる可能性が十分ある。

4902無人航空機であるドローンは、遠隔操作ができるし、プログラムを組めばGPSを使って 自動で行き先に飛ばす事も出来るんです。

そして 軽量の爆弾ならドローンに搭載できるようになってきているからだ。

ドローンがホワイトハウスに墜落したという事件がありました。

あのアメリカのホワイトハウスにもドローンは簡単に侵入できてしまった事実がここにあるわけです。

また、ドローンを使って、約3キロの覚醒剤をアメリカに密輸しようとした人もいます。これはアメリカとメキシコ国境あたりで行われた事件ですが、ドローンが重さに耐えきれずに墜落したために事件が発覚しましたが、もしかすると

気づかない間に密輸は起きているのかもしれません。

日本でも 総理大臣官邸の屋上にドローンが落下しているのが見つかった事件もありました。

使い方を間違えれば ドローンは、とても危険な道具になるという事なんですね。

そして ドローンが墜落するという事例も多く発生しています。

作為的にドローンを使って犯罪を行おうとしなくても、人が多くいる場所でドローンが墜落して、もし人にあたった場合 大けがをする可能性もあります。

ドローンの大きさにもよりますが、ドローンの墜落によって死亡事故が発生する可能性もあるんです。

だから ドローンを使う場合は、その危険性をきちんと理解して使うという事が大切になるんですね。

ドローンは、間違った使い方をすれば凶器や犯罪の道具になるという事なんですね。

4903ドローンはきちんと使えばとても素晴らしいものだといえます。

ドローンが撮影した絶景を皆さんは見たことがありますか?

通常人間が見ることが できないところまで飛ぶことによって真上から、雄大な景色を見ることが可能になります。

ぜひ皆さんも一度ドローンが撮影した絶景を見てみてください。

そして ドローンを使う事で、災害時に人がすぐに行けない危険な場所を偵察するなども出来ますし、物をドローンによって短時間で離島などに届けるという実験もされているようです。
ドローンとは一言でいうと、無人の飛行機のこと。

形が大きくても小さくても自動操縦や遠隔操作できるならばそれはドローンです。

ではラジコンと何が違うのか? ラジコンは地上から250メートル以上を飛ばす場合に、申請が必要となります。 (空港周辺など航空機の飛行に影響を及ぼす場所では地上から150メートル以上でも申請が必要) だったら、それより下を飛べば問題ないのでは?

いいえ、そうなると、今度は土地の所有者の許可が必要となってくるのです。

一方でドローンが航空機とみなされると、どうでしょう?

飛行機がわざわざ、私有地上空を通るのに許可を取るわけありません。

しかしそうなると、航空管制局の管理の下になり、敷居が高くなって、ちょっと面倒くさそう。

ドローン配送の構想を練っているAmazonの立場になるならば、ドローンを飛行機とみなしてほしくないし、かといって、いちいち地権者の許可なんてとりたくない。

ラジコン以上飛行機以下といわれる所以はズバリここ。 私有地を突っ切れるラジコン。これが各企業やドローン愛好家の方たちの理想のドローン像でしょう。
ドローンの主要メーカー

気になるのがやっぱりドローンの主要メーカー。

ドローンには主要な三強メーカーが存在します。 以下の図をご覧ください。
IMG_1079 パロット社(フランス)
ドローンの火付け役となった企業。 私の初号機「AR.Drone2.0」もこのメーカーです。
3Dロボティクス(アメリカ)

雑誌「WIRED」の元編集長クリス・アンダーソン率いる企業です。
DJI(中国)

無人自動空撮システムで名をはせます。 いかにも中国らしい。

初心者におすすめなのが、やはりパロット社。

ここには親しみやすいドローンがたくさんあるからです。

他二社は高機能であるがゆえに敷居が高いといえるでしょう。
今ニュースで最も目にする、ホットなガジェット「ドローン」。小さな本体に高い機動性をそなえ、飛ばして遊ぶだけでなく空撮映像を撮影したり、レースをしたりとさまざまな楽しみ方があります。さらに、国内で12月10日から始まったドローンの新飛行ルールとともに、企業によるドローンを利用したサービスも次々と始まろうとしています。今はまさに、ドローン普及期いってもいいでしょう。
 
しかし、いざドローンを買おうと思っても「はて、どのメーカーのどんなドローンを買えばいいの?」と、手が止まってしまう人がほとんどではないでしょうか? そこでこの記事では、ドローンを購入する前段階として「1台目のドローンは何に気をつけて購入したらいいのか」を解説していきたいと思います。
 
1.狙い目は1万円前後。高すぎるドローンは避ける
 
ドローンの操作の最初はなかなかうまくいかないものです。いくら人家から離れた空き地で練習していても、操作がうまくいかずに木にぶつかったり、墜落したりしてしまうことはよくあります。そんな時、高額なドローンを破損させてしまったら相当凹むことでしょう。
 
もちろん「10万円近い高価なドローンでもガンガン修理したり、買い換えたりできるぜ!」という方は別ですが、普通は1万円程度のドローンで練習を開始したほうが無難です。市場には1万円程度でも操縦性の悪くなく、カメラによる撮影も楽しめるドローンが数多くあります。最初の1台はそのようなドローンで十分でしょう。

2.高価なドローンは何が違うの?
そんなことを言われたって、やっぱりいいドローンが気になる! というあなたのために、中価格帯~高価格帯のドローンの特徴をまとめてみました。
 
まず、高価なドローンは飛行時の安定性が圧倒的に上です。後述するさまざまなセンサーを搭載することにより、初心者でも簡単に機体を安定させて飛ばすことができます。
 
また、空撮などに利用するカメラの品質にも差があります。例えば上画像のParrot Bebopはデジカメ並の1400万画素カメラを搭載し、美しい映像の録画が可能です。YouTubeなどへのアップロードを考えているのでしたら、このような機種も選択肢に入ってくるでしょう。
 
そして、中級機以上のドローンはカメラの映像をリアルタイムに手元に映し出す「FPV飛行」が可能です。この自分がパイロットになったような気分を味わえるFPV飛行の迫力は、ドローン操縦者ならきっと虜になるはずですよ!
 
3.小さすぎるドローンは操作が難しい
だったらとにかく廉価なミニミニサイズのドローンがいいのか…といわれると、小さすぎるドローンには別の問題があります。手のひらに隠れてしまうようなサイズのドローンは飛行が安定せず、また風に煽られやすいというデメリットがあります。
 
もちろん大きくて安定した、飛行性能の高いドローンは価格も高いんですけどね…。初めてのドローンは小さすぎず大きすぎず、ある程度バランスの良い機種を選びましょう。

4. なぜ大きくて高価なドローンは安定するの?

 

なぜ大きくて高額なドローンは安定して飛行できるのか…。もちろん単純にサイズと重量が増えることによって安定している面もありますが、廉価なドローンと高額なドローンではGPSなどのセンサーが違います。
 
例えば上画像の業務用途にも使える高性能ドローン「Inspire 1」の場合、インテリジェントGLONASS + GPSシステムを利用することにより自身の位置を把握し、そして自動的に飛行を安定化させます。さらに、高性能なジャイロスコープや加速度計からのデータを高性能なプロセッサで処理しています。また、廉価なドローンとは違ってホバリング操作も非常に簡単です。
 
さらにInspire 1の場合、バッテリーが少なくなったり送信機との通信が途絶えたりすると、操縦者の元にどローンが自動的に帰ってくる…など、飛ばすだけのドローンとは圧倒的な機能差があることがわかります。
 
ただし、Inspire 1の本体価格は1台で35万円近くします。最高の性能を手に入れるには、それなりの出費が必要なのです。
 Drone ドローン安いお店ショップ購入
5.追加バッテリーの入手性も大事
ドローンのバッテリー駆動時間は機種によってもさまざまです。上級機種なら20分や30分の飛行が可能ですが、廉価機種の場合10分も持たないことが多いです。数分飛ばしてバッテリーが切れては、そのたびに充電…という遊び方は実用的ではないので、多くの場合予備バッテリーも同時購入して持ち運ぶことになります。
 
そのため、アマゾンなどで予備バッテリーが簡単に入手できるかどうかも気にしたいポイントです。また、本体が安いドローンは交換用バッテリーが安い場合が多く、その意味でも廉価な定番ドローンは最初の1台としておすすめです。
ドローンというと昨今度々ニュースを賑わせていますね。最近では飛行を規制する改正航空法が可決したり、それにともなって免許制の導入する方針を掲げたりとまだまだ安心して使用できる地盤固めが必要なものという認識があると思います。
そもそもドローンという名前は聞くけれど、いまいちどのようなものかわからないという方ももしかしたらいらっしゃるのかもしれません。
ドローンというのは小型の航空機を指します。英語でオスの蜂という意味があり、それから派生するように群体の一部や受動的に動くもの、蜂が発している音などの意味も持つようになりました。このあたりが無人機のドローンという名前の由来にもなっているのでしょう。
ドローンは空を飛ぶ小型の無人機なのだから、要はラジコンヘリと同じだろうと思うこともあると思います。確かにラジコンヘリも小型ですし、搭乗して操作するわけではありません。商業用や軍事用としての使いみちがあるという点でも同じですが、ドローンと違って自律移動ができません。ドローンは無線操作だけでなく、GPSなどを利用することによってルートを指定し、自動で運転をさせることができるのです。ですのでラジコンヘリも広義に解釈すればドローンですが、狭義で言えば別のものといえるのです。
現在ドローンが使用されているシーンは空撮が主でしょう。それ以外にも種や農薬を撒いたりといったような農業方面でも活躍しています。さらに法などが整えば宅配などにも活用できるようになると言われており、今後に期待できる分野といえるでしょう。

ドローンの今後は、衰退こそしなくても、利用する人は一般人は減ると思います。
基本は撮影用などに利用され、一般人が遊ぶというのは減るのではないでしょうか。
ドローンが急に落ちて下にいる人に怪我をさせるなどの事故もありますし、こうなるとよっぽど広くて人がいない場所でないと使えないということになります。
そうなると、外で使える人というのは限られてくるわけです。
ということは、今ドローンを持っていたり後々欲しいと考えている人は、家の中で使うようになるのかなと思います。
もちろんそれで満足しない人は多いと思いますが、外で飛ばして誰かを怪我させるよりはマシと考える人も多そうです。
ですが、それとは対照的に、ドラマなどの撮影で使われることはずっと増えていきそうな気もします。
なんだかんだいって、上から撮影出来るというのは大きいと思うのです。
ですので、撮影で使われることは増え、一般人の利用は減っていくと思います。
でも、使う使わない以前に、持っておきたいという人はそれなりにいると思うので、売り上げがガクッと下がるということは無いような気がします。
外でドローンを見ることは少なくなっていきそうですが、本当に無くなったり廃れていくわけではないと思います。
むしろ、危険が減ってよいのではないでしょうか。
誰かに迷惑をかけることがなくなるわけで、上を気にしなくて歩けるというのは、よいことだと思います。
勝手に落ちるなどの不具合がなければ、もっと使いやすくてよいのかもしれませんが、そうなるのはまだ先かもしれませんね。

アメリカで所有しているような無人ステルス航空機とよばれる巨大な飛行機もこのドローンに含まれます。
なので、ドローンという表現だと軍事用だと捕らえる人も少なからずいるため、マルチコプターという言葉もあります。
最近は、どんどん低価格化がすすみ、素人同然の方でも手軽に購入し扱えるものとなっているため、事故が多発しているのも現状です。
イメージが非常に悪いことになっていますが、今後の世界を発展させるひとつの大切なツールであるため、各国は必死になって法整備を進めているわけです。
なので、悪いイメージを作り出しているのは知識のない素人であって、プロのひとはこのようなリスクは犯さないのでドローンのイメージをもっと前向きに捕らえていただけると助かります。
現在は、飛行させるところすらかなり少なくなっているのが現状ですので、もっともっと飛行場が増えるのを期待しています。
ドローンについてはこんな感じになります。

やはり都内では「DJI」が主催している講習会で利用している「味の素スタジアム」しかなかったのですが、周外辺は結構あります。
やはり土地が広いということが一番の要因だと考えられます。
具体的にはどんなところがあるのかといいますと、
・物流飛行ロボットつくば研究所
 これはいま一番力を入れている飛行環境です。
 茨城県つくば市にあります。
 日本UAS産業振興協議会と五光物流、ブルーイノベーションの3社が共同で5月18日にオープンさせました。
 広さは、3800平方メートルです。
 ドローン開発メーカー、研究機関、商用ドローンの操縦者などが利用できます。
あとは、詳しくいえませんが埼玉県にもあるメーカーの飛行場があり、一般利用できるところがあります。
いずれにしても、練習環境が少ない中での技術習得なので肩身がせまいですが、がんばっていこうと思います。
ドローンを購入してから保険に入っている人はどれくらいいるのでしょうか?
1年くらい前ですと、個人では保険に入れない場合が多かったのですが、最近ではドローンを購入するだけで、保険も1年間の無料期間が付いてきたりするものも出てきました。
ドローンで人身事故や、器物破損などをさせてしまうとかなりの賠償責任が問われてしまいます。

drone

コメントを残す

CAPTCHA