一歩先を維持するための金貨

[Japanese]

金貨

主なる金貨

どのような目的においても、金の購入において、安全で、安く、シンプルな方法が、金貨を購入する以外にあります。

しかし、もし金貨を保有することを希望しているのであれば、世界に数種の選択可能な地金型金貨があります。地金型金貨は、伝統的な通貨の代替の資産保有方法として利用されています。

地金型金貨の魅力は、政権交代があっても、国外に持ち出したとしても、その価値を維持する点です。

これらは、「古銭」の金貨ではありません。地金型金貨は、希少なものではなく、その価値は、金の重量に価格を掛け合わせることで算出できます。それに対し、「古銭」の金貨は、希少価値があり、収集価値のあるものとして考えられます。古銭の金貨の価格は、地金型金貨よりも変動が激しくなります。それは、金の価格変動に影響を受けると共に、収集家の観点からも変化するためです。

主な地金型金貨

発行国名金貨その単位純金量 (金貨あたり)
オーストラリアナゲット / カンガルー金貨10, 2, 1, 0.5, 0.25, 0.131.104 グラム
オーストリアフィルハーモニカ金貨1, 0.5, 0.25, 0.131.104 グラム
英国ブリタニア金貨1, 0.5, 0.25, 0.131.104 グラム
英国ソブリン金貨1, 0.57.315 グラム
カナダメープル金貨1, 0.5, 0.25, 0.1, 0.0667 (1/15トロイオンス), 0.05 (1/20トロイオンス)31.104 グラム
南アフリカクルーガ-ランド金貨1, 0.5, 0.25, 0.131.104 グラム
米国イーグル金貨1, 0.5, 0.25, 0.131.104 グラム

[Japanese] students looking into devices at school

31.104 グラム = 1 トロイオンス グラム/トロイオンスあたり価格を確認。

金貨は1933年から1965年までほぼ製造されていませんでした。そのため、金所有を行なう個人投資家の需要が失われてかけていました。しかし、南アフリカが1967年初頭から、金鉱を再開したのでした。

先の表でも分かるように、世界でも数カ国が、金貨を現在製造しています。

一般的に、これらの金貨は造幣局で直接入手できません。その代わりに、造幣局が販売網を持つ小売業者と契約をしています。造幣局は、金貨に含まれている金に通貨発行益と呼ばれるプレミアムを加えます。そして、小売会社はマージンをそれに加えます。

世界のどこにおいても、先の金貨が通貨として利用されることはありません。

グレシャムの法則

グレシャムの法則を要約する「悪貨は良貨を駆逐する」は、良く知られています。これは、金貨にも通じるものです。

多くの金を信じる人々、なぜ金を好まない人々が存在し、金が価値を交換する手段として広く利用されていないかを理解することが困難であるようです。しかし、グレシャムの法則がこれを説明しています。

急激に価値を失いつつある米国ドルもしくは他の通貨をポケット一杯に持っていることを想像してください。そして、何かを購入するとして、金貨も失いつつある通貨も、この商店では使用を許されている場合、どちらを使うでしょうか。

そのために、通貨は流通しているのです。悪貨は常に価値を失います。そのために賢明な人々はその前に使い、良貨を蓄えているのです。広く一般で利用されていないのは、必ずしも金貨が通貨よりも劣ることにはならないのです。実際には反対といえるでしょう。つまり、その富を蓄える機能があるからこそ、広く流通していないのです。

その結果は、この状況を更に強めているのです。より急激に価値を失っている通貨が多ければ、より少ない人々が金貨を使用することになるでしょう。そのために、商店がその利用を受け入れなくなります。そして、認識できず、その価値を理解できない金貨を受け入れることはなくなります。

そして、どのようなことが起こるかというと、金貨を偽金貨と見分けられ、取引できる技術が、金貨を取り扱う専門業者に限られることとなります。これは、その取り扱い費用を増加させることとなります。それは、この専門知識を持つことによる利益であり、この知識を持ち合わせていない人々はそれを支払わざるを得ないのです。

現在、金貨の取引は合法であり、金貨を取引できる、通常非課税の開かれた市場があります。しかし、少量の金貨を金貨のディーラーと取引をする場合、実際の金の価値の6-10%をプレミアムとして支払わなければなりません。

そして、この金貨を売却する際には、売却価格も、本来の金価格よりも2-6%少ないものを受け入れざるを得ないでしょう。

その間、もし経済危機が起きた場合、この金貨はとても利用価値のあるものとなるでしょう。このような状況下では、1933年に米国で起きたように、1つの可能性としては、実際の価値よりも低い値段で政府による強制的な買取が起こるかもしれません。その場合、その所有者は、(i)損失を覚悟で買取に応じるか、(ii)利用できないけれども、隠れて保有する、(iii)不法なルートで(おそらく低い価格で)、売却をするという手段が残ります。

おそらく、世界のほとんどの国で、歴史上このようなことが行なわれたはずです。そして、為替管理が行なわれた場合、金を為替管理が行なわれている国の外へ持ち出すことは不可能でしょう。

このために、人々は緊急時に備えて、少ない量の金貨のみを保有しているのです。そして、最悪の事態のみに利用する覚悟でいるのです。そして、通常は資産保全のために海外で金を保有しています。その場合、専門市場のように流動性のある市場を利用しています。これは、富裕層に限られた選択肢ではありません。

もし、危機に見舞われていない、国外の資産を保護することで知られており、政治的にも安定した国で、金の所有をすることができるのであれば、この金は国内で保有するよりも安全であるといえるのではないでしょうか。

そのために、金貨の購入は、緊急時のためとして考えられるべきであり、富を蓄えるための方法として利用されるべきではないのです。

.

10万円金貨, Gold, Ingot, Platinum, Silver, アメリカンリバティーハイリリーフ金貨2015, インゴットプラチナ, インゴット金, ウルトラハイリリーフ金貨2009

コメントを残す

CAPTCHA