格安タイ旅行ツアー

格安タイ旅行ツアー

格安タイ旅行ツアー

格安タイ旅行ツアー

格安タイ旅行ツアー
バンコク旅行の格安航空券・格安ツアー情報が満載♪ アジアの観光都市の中でNo.1の人気を誇るだけでなく、世界的に見ても、ロンドン、パリに次いで3番目に外国人観光客が多い都市です。 日本からも直行便・乗り継ぎ便を含め、各エアラインのフライトが充実しています。アジアの他都市と比べて高級ホテルのグレードの高さは群を抜いています! 古くて新しいタイの首都バンコクへ行ってみよう
タイの政治・経済・文化・情報の中心である首都。同時にアジアで最も外国人観光客を集める都市であり世界最高の観光都市と評価されている。大河チャオプラヤ川が流れる水上都市としても有名である。昔ながらのアジアの香りを残す下町と近代的な超高層ビルが混ざり合った熱帯の大都会には、寺院や歴史的建造物など日本人にとって魅力的な観光地が点在する。また超高級ホテルやグルメ・ショッピングも充実している点も日本人を引きつけて止まない。雨季と乾季があるが年間を通して気温が高く暑い。
タイ語
空港スワンナプーム国際空港
→2006年に開港したアジア最大規模の国際空港。新バンコク国際空港とも呼ばれる。
ドンムアン空港
→国内線中心の空港。 •プーケットまで直行便で約1時間20分
•チェンマイまで直行便で約1時間10分
•ハートヤイまで直行便で約1時間25分
•チェンライまで直行便で約1時間20分

中心駅バンコク中央駅(ホアラポーン駅) •チェンマイまで約11~15時間
•アユタヤまで約1時間50分
•ピッサヌロークまで約5~9時間
•ホア・ヒンまで約4時間
•パタヤーまで約4時間
•クアラルンプールまで約29時間
•シンガポールまで約35時間
バンコクツアーを良いものにするには次のキーポイントを抑えることではないでしょうか。まず、タイ王室関係施設はバンコクツアーに欠かせません。王宮、エメラルド寺院(ワット・プラ・ケオ)、涅槃寺(ワット・ポー)で仏教の奥深さを感じ取ってみてください。
次に、タイ料理を巡るバンコクツアー。タイ料理は辛いことで有名ですが、バンコクならではのタイ宮廷料理はマイルドな味付けです。屋台で軽食を取るのも良いのですが、衛生面が気になる方には残念ながらお勧めできません。
そしてバンコクから日帰りツアー。都市部から80km離れたダムヌン・サドゥアク水上マーケットでは、古き良きバンコクが見えてきます。朝からお昼ごろが一番活気があるので、眠い眼を擦って出かけましょう。オプショナルツアーが便利です。
最後にショッピングが止まらないバンコクツアー。日中はサイアム・スクエア周辺の巨大ショッピング・エンターテイメントモール、夜はよなよなナイトマーケットなど、バンコクは24時間眠らない街です。
ベスト
シーズンバンコク旅行のベストシーズンは、一般には真夏の12月~1月と言われている。一年中暑いバンコクであるが、その中でもこの時期はまだ暑さがやわらぐ時期なためである。また12月はタイ国王の誕生日があるためバンコク中が最も賑やかになり、バンコクらしいエネルギッシュな活気を存分に味わえるからである。逆に閑散として空いているバンコクで静かに過ごしたいならば、4月中旬のタイの水かけ祭りの3日間が一番ねらい目である。この3日間はバンコク市民はリゾート地へ出かけて街は閑散としている。タイならではの新鮮な南国フルーツを楽しみたいならシーズンは6月~8月である。またこの雨季の時期なら確実にスコールを体験できる。
ツアーの
料金は
いつ安い?バンコク旅行のツアー料金の最安値の時期は、たいていは10月である。バンコクは11月下旬~1月が最も賑わう時期なので、その直前の10月は比較的落ち着いた時期でツアー料金も安い。またGW(ゴールデンウィーク)直前と後の5月、6月もかなり安い時期である。逆に年末年始、夏休み期間、GWおよび4・5連休になった場合の秋の連休がツアー料金のピークである。春休み期間はそれほど高くない。ただしバンコクはクーデターやデモなど政情が不安定なので、その都市の状況によりツアー料金の最安値の時期は変化し、また急に激安ツアーが登場するこも珍しくないので、常に最新のツアー料金をチェックするのがおすすめである。
旅行プランバンコク旅行の格安ツアーは、最も多いのが4日間ツアーで、次いで3日間ツアーと5日間ツアーが多い。ただし4日間ツアーといっても実際には機中泊のある2泊4日のパターンが非常に多い。3日間ツアーについてはほとんどが2泊3日であるが中には1泊3日のいわゆる弾丸ツアーもある。これはスケジュール的には非常にきついが、たいてい驚くほど激安なので少ない休みでなんとかバンコクに行きたい人向けである。東京から直行便利用の場合は、羽田発は出発が全て深夜の日付が変わったころなので、会社帰りからバンコク旅行へ直行という人にはぴったりであり、到着初日の朝から行動できるので時間をフルに使える。ただしツアー日程の初日というのは羽田空港チェックインだけであり、実質の旅行日数は-1日という点に注意しなければならない。成田発の場合は午後が夜発は多いので、これも実質初日はバンコクまでの移動日ということになる。帰りもフライトによって実質最終日がバンコクからの帰国のフライトのみになるので、4日間ツアーの場合は長くても現地滞在は丸2日間のみである。バンコクの見どころはほとんどが市内中心部に集まっているので、効率よく回ることはできるが、交通渋滞はひどく、デモやストなども多いためスケジュール通りに移動できない可能性があることは頭に入れておきたい。
服装の準備バンコクだけを旅行するなら一年中夏の服装で十分であるが、冷房のきつい施設が多いためカーディガンなど重ね着できるものを用意していきたい。また日焼け対策も必要である。なお、バンコクの街中はカジュアルな服装で全く問題ないが、高級レストランでは男性はジャケットか少なくとも襟付きシャツ、女性はワンピースなどが必要。また、バンコクを始めタイの寺院では適切な服装でなければ拝観できない場合も多い。
治安と衛生タイ・バンコクは政情不安定で有名である。逆にあまりにも頻繁にクーデターやデモが起こるため、住民も外国人観光客も慣れてしまっており、政情不安定で危険のため渡航中止勧告などが出ることはあまりない。しかしこのような政情不安定時のトラブルに外国人旅行者がいつ巻き込まれてもおかしくはないため、決して油断できない街である。また他の東南アジアの観光都市と同じく、政情とは関係なく日常的にスリ・置き引き・詐欺などの軽犯罪が非常に多く、日本人観光客は特に狙われやすい。特に深夜の一人歩きは極力避けるようにしなければならない。衛生に関しては、水道水は決して飲まないこと。
チップタイでは日常生活にチップの習慣はないが、海外旅行者はホテルやレストランでチップを払うのがほぼ常識となっている。
電圧タイの電圧は220~240V/50Hzで、プラグも日本とは違うため変換プラグと変圧器が必要。ただし電圧が安定しない場所も多いのでパソコンなど精密機械は注意が必要。
旅行注意点バンコクを含めたタイで最も気を付けなければならないのは、仏教の僧侶とタイ王室には国民の絶大な尊敬が集まっているので、敬意と礼儀作法を忘れてはならないということである。女性が僧侶に触れることは禁物となっているので近寄り過ぎてはならない。また僧侶でなく一般の全てのタイ人は子供も含めて頭に触ってはならない。寺院の観光では入場料や拝観料が無料であってもお布施という形で少額を支払うのが常識となっている。そのほかに、街中のトイレはタイ式のトイレなので、なるべくホテルや高級デパートですませるほうが安心である。
通貨バーツ(Baht)(B)
https://www.facebook.com/World.Japan.Travel/
王宮
ラーマ1世がバンコクに遷都の際に築いた王宮。ラーマ8世まで約150年間実際に使用された。現在は国王自身は住んでおらずバンコクの迎賓館としての役割を果たしている。敷地内にはボロマビマン宮殿、パイサル・タークシン宮殿、チャカパットピーマン宮殿、アマリンタラ・ウィニチャイ宮殿、チャクリー宮殿、デュシット宮殿など数多くの宮殿が建ち並んでいるがこれらの宮殿群の建造物の大半は非公開になっている。公開されている建造物についてもカジュアル過ぎる服装での見学は不可となっている。
バンコクの王宮
ワット・プラ・ケオ(エメラルド寺院)
バンコクで最も有名な建築物であり一番の観光名所である。王宮の敷地内にあるタイで最も格式高い寺院。本堂にある本尊がエメラルド色のヒスイでできていることからエメラルド寺院とも呼ばれている。このエメラルド色の仏は毎年タイ国王自身が衣替えの作業を行っている。仏舎利が納められたプラ・モントップやプラ・スィー・ラタナ・チェディやアンコール・ワットの模型などが見どころである。夜のライトアップもたいへん美しい。
ワット・プラ・ケオ(エメラルド寺院)
ワットアルン(暁の寺)
日本人にとっては三島由紀夫の小説「暁の寺」で有名になったアユタヤ時代からの歴史を持つ寺院。大仏塔はバンコク様式であるが装飾は中国美術の影響を多く受けている。高さ75mの大仏塔の上部に上がればチャオプラヤ川が流れるバンコクの見事な街並みを望むことができる。朝日に照らされる姿も夕日が映える姿もそれぞれ美しい。現在のタイの10バーツ硬貨にはこのワットアルンが描かれている。
ワットアルン(暁の寺)
ワット・ポー(涅槃仏寺)
名前の通り巨大な涅槃仏が最大の見どころである。黄金色に輝く長さ46mの涅槃仏の足の裏には見事な真珠貝の細工が施されている。バンコク市内の3大寺院のうち最古であり、タイ国内でも最大級の寺院である。カジュアルすぎる服装での入場はできない。ラマ3世の時代にタイには仏教とともに東洋医学も伝来したが、このワット・ポー内にタイ医学に基づいたタイ古式マッサージの学校が設けられたため、ここは現在でもタイ・マッサージの総本山となっている。一般の人もここでタイ式マッサージを受けることができる。
ワット・ポー(涅槃仏寺)
国立博物館
タイ王朝の歴史と仏教美術史を学ぶことができる1874年設立の大博物館。その規模はタイ最大のみならず東南アジア有数の規模である。特に仏像の収蔵品は圧巻で、アユタヤ、ロッブリー、スコタイ、チェンセーン様式など様々なものがある。そのほか先史時代の考古学的資料や化石、人骨なども充実している。
タイ国立博物館
ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)
ラーマ5世によって建立された王立寺院。大理石寺院の名前の通り大部分が大理石、それもイタリアから運ばれた大理石で造られている。白い大理石とオレンジ色の屋根の外観が見事であるが、どことなくイタリア地中海のイメージと重なるのも納得である。寺院内には世界中の様式の仏像が並べられている。
ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)
チャイナタウン
タイは全土に渡って多くの中国人が暮らしているためバンコクにも中国人街がある。しかしこのチャイナタウンのさらに先には今度はインド人街があり、中国とインドを一度に味わえるエリアとなっている。このチャイナタウンには黄金仏寺院と呼ばれるワット・トライミットがあり参拝客でにぎわっている。
バンコクのチャイナタウン
サイアム・スクエア(ヤーム・スクエア)
バンコクに渋谷があるとすれば正にここがその地である。若者に大人気の一大ショッピングエリアであり庶民派感覚の格安商品から高級ブランドまで揃い、ファーストフード店、映画館なども充実している。デパートではタイ東急があるという点もまさに渋谷である。その他にも多くの日系デパートが進出している。タイのシルク王・ジム・トンプソンの家もこの地域にある。
サイアム・スクエア(ヤーム・スクエア)
ムエ・タイ
タイのスポーツと言えば世界最強の格闘技と言われるムエ・タイである。バンコク市内のボクシング・スタジアムでは毎日熱い闘いが行われ、熱狂に包まれている。もちろんタイ中にテレビ放映される。
ムエ・タイ
ドンムアン空港

海外へ行く時に一番の出費になるのは航空券代で、滞在日数が短ければ短いほどその割合は大きくなる。この移動費がもうちょっと安ければ、その分もっといいホテルに泊まれ、いい食事もでき、豪華に遊ぶ事だって出来るだろう。

航空券予約サイトを見てもルートや選択肢が非常に多く、どれがお得かわかりにくくなっている。そこでこの記事ではなるべくわかりやすく最安値で格安航空券を買う方法を紹介していきたいと思う。

格安航空券を最安値で購入するには

▶ ツアー(航空券とホテルのセット)で申し込む
▶ 上記サイトでは検索できないLCCの乗り換えを利用したルートの価格をチェック

スポンサーリンク

以上の方法がある。

上記方法を使えば、日本からタイへはホテル代のみで行ける航空券も出てくる。下記で詳しく説明していきたいと思う。
通常の旅行代理店サイトで検索かけると驚くほど安いツアーが見つかったりする。しかし、ほとんどの場合がサーチャージ代、空港税を含まない額で、金額を調べるだけで代理店へ電話の必要性も出てくる。また、電話予約の場合、代理店が多目に手数料を取るため、料金はウェブ上の旅行代理店サイトに比べて高くなってしまう。こういった表示に釣られて電話予約しようとすると、旅行代理店側のペースに乗せられて多少高めの金額でも断れなくなってしまうケースが多い。

ネット上の最安値表示の多くは、お客さんの問い合わせを呼びこむための広告だと疑った方が良いだろう。ネット上で決済まで出来ない時点で、最安値ではないと考えた方が良い。

格安航空券比較サイト

本当の航空券最安値を調べるためには、まず航空券+ホテルの予約ページで検索をかける。このサイトで検索をかければ空港税、サーチャージ料等全てを加えた額で格安航空券の比較が出来、電話での問い合わせも不要である。

格安航空券比較サイトの使い方だが、まず

▶1.出発地(成田、関空が安いが、地方空港でもOK)
▶2.目的地(おすすめはバンコク)
▶3.往復
▶4.出発日、現地出発日
▶5.客室(何人かをアテンドする場合は1人1部屋になるだろう)、人数(大人、子供)
▶6.航空券発着日と別の日付でホテルを予約へチェック ⇒ チェックインとチェックアウトの日付
ツアー価格にするためホテルは最低2泊分予約しなければならない。従って、「航空券と別の日付でホテルを予約」にチェックを入れる(全日程同じホテルに宿泊する場合はチェックは不要)。今回は例として、ホテルへのチェックインは9月3日、チェックアウト9月5日と入力する。全ての項目が入力し終わったら黄色の検索ボタンを押す。

ちなみに、ツアーと言っても添乗員が旅行期間中に一緒に同行するわけではない。単に、航空券とホテルをセットで予約する事をツアーと呼んでいる。

次に宿泊するホテルを選択する。今回はバンコクの人気準高級ホテル・マジェスティック・グランデ・ホテルをチョイスした。価格を抑えたければ、もちろん格安ホテルでも良い。
航空券はそれぞれ1000~2000円程度お得になる。この分を節約したり、ホテル代に回したいならツアーで予約しなければ損だろう。

この差額はホテル代が上がれば上がるほど広がるので、旅行日程で2日以上ホテルに泊まりたい場合は、断然このツアー予約がお得だ。格安ホテルに泊まりたい人にももちろんおすすめである。
ちなみに、この予約サイトは日本語に対応しているので、キャンセルや予約変更の際も日本語でのやり取りが可能となる。航空会社の多くは英語でしか対応していないので、英語が出来ない人にも嬉しいだろう。ホテルへ2泊以上するツアーにする事で割引を受ける事が出来るが、すでに宿泊するホテルが決まっている等、ホテルの予約が不要な場合は使う事が出来ない。また、LCCとLCCを含む他の航空会社を組み合わせた経由便が最安値でも組み合わせる事が出来ないという欠点がある。

航空券だけ、とにかく安く抑えたいという人は各LCCのホームページから1つ1つその価格をチェックする必要があるのだ。

ただ、東京発の場合ほぼエアアジアが最安値となるので(2015年7月現在。ツアーの場合は最初にも紹介したベトナム航空や中国東方航空もある)、この方法はLCCの多い関西国際空港(大阪)を使う人のみに有効となる。

郊外の観光地・名所・見どころ
ウィークエンド・マーケット(チャトゥチャック市場)
バンコクにマーケットは数多いが特に巨大なのがこのマーケット。名前の通り土曜・日曜に開かれるが20万人以上が集まると言われる混雑ぶりである。特にジャンルを問わずありとあらゆるものが売っていて内部も迷路のように複雑である。当然、値段も交渉可能で何でもありである。
ウィークエンド・マーケット(チャトゥチャック市場)
ダムノン・サドゥアク水上マーケット
バンコク中心部から北西に約80km離れた地点に日本人にとっては宮本輝の「愉楽の園」で名が知られた水上マーケットがある。これはタイ政府が本格的に開発に乗り出した水上マーケットである。日本人がイメージする水上マーケットそのものであり舟を漕ぐ女性の姿が非常に絵になっている。

cheap海外旅行, cheap海外旅行tour, Cheap海外航空券, 格安タイtour

コメントを残す

CAPTCHA