安いインターネット広告サービス

安いインターネット広告サービス

安いおすすめインターネット広告サービス

安心のインターネット広告

安いおすすめインターネット広告サービス
低リスクで高反響、はじめてのひとも安心のインターネット広告。
運用担当者全員がYahoo!・Googleリスティング広告認定資格者のプロフェッショナル
バナー・Webサイト制作や動画制作にも対応。現在のHPへのアドバイスも無償提供。

リスティング広告代行費用を固定に設定し、費用対効果の最大化を図る
リスティング広告とは?

ユーザーが特定のキーワードを検索したときに、Yahoo!やGoogleの検索結果に広告を掲載できる検索連動型広告です。

ヤフー/グーグルリスティング広告

ヤフー/グーグルリスティング広告
関心の高い人のみ表示

「自ら進んでそのキーワードを検索をした」というあなたの商品に関心の高い人のみに広告を表示できる。さらに「今」興味を持っている人にタイミングよく広告が出せる。

表示だけなら無料

広告が表示されるだけなら無料。クリックされた回数に応じて料金がかかるので、低リスクではじめられる。

細かいターゲット設定ができる
地域
時間帯
曜日
デバイス
etc...
効果が「見える」

キーワードごとや広告ごとに、サイトのアクセス数や問い合わせ件数などの効果を測定・分析できるので、どんどん無駄を省いて改善できる

すぐに上位に表示

時間のかかるSEOと違い、すぐにあなたの広告を上位に表示。短期間でウェブからの集客、売上を伸ばしたい方におすすめ。

リスティング広告は 運用のプロにお任せください

費用対効果の高いネット広告で、貴社の売上アップに最大級の貢献!

ただし、毎日の運用には手間がかかり、
結果を出すためには深い知識・ノウハウが必須

毎日の面倒な運用はすべてお任せ、御社の手間が大幅に低減。

蓄積してきたノウハウと豊富な経験で、無駄なく最短ルートで売上アップへ

Yahoo!・Googleの正規代理店だから、最新システムや変化にいち早く対応・適応

専門家としてネット広告について常に最新情報・動向を踏まえた運用が可能

Web広告

Googleに年齢を教えた記憶はないので驚きです。
また、音楽が趣味で頻繁に買い物をしたり調べたりしているのですが、DJ用機材やインディーズ映画、オーディオ機器など、音楽関係に興味があると識別されているようです。

私はGoogleから120個以上の項目で識別されていることが明らかになりました。もちろん「これには興味がないよ」という項目もありますが、意外なほど正確です。

Googleに限らず、多くのWeb広告手法で同様に細かなターゲティングが可能です。

SNS広告

・Facebook 広告(フェイスブック)
・Instagram 広告(インスタグラム)
・Twitter 広告(ツイッター)
・LINE 広告(ライン)
・TikTok 広告(ティックトック)
・LinkedIn 広告(リンクトイン)

web広告に出来ること

Web・インターネット広告の種類と効果
1. リスティング広告
リスティング広告とは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンでユーザーが検索した際に、そのキーワードに関連して表示される広告です。

キーワードごとに広告出稿でき、配信ターゲットも性別や年齢、エリアといったように細かく出稿できるため、少額予算からの広告運用が可能です。興味を持って検索したキーワードに連動して広告が表示されるため、コンバージョン率が高く「顕在層」の獲得に適しています。

初めてインターネット広告にチャレンジする場合は、まずはリスティング広告からはじめるとよいでしょう。

2. ディスプレイネットワーク広告
ディスプレイネットワーク広告とは、Webサイトを閲覧している際にページ内に表示されるバナー広告のことです。

広告を表示させるサイトのテーマを設定することができ、配信ターゲットも設定できます。一度訪れたサイトのバナー広告が追いかけて表示される「リターゲティング(リマーケティング)広告」もこの広告です。バナー画像は視覚的に訴えることができるため、クリエイティブにより大きな注目を集めることができます。

興味のあるテーマのサイトにバナーが表示されるので、ユーザーとの親和性も高くコンバージョンしやすい傾向にあります。サービス・商品は知らないが課題を抱えている「潜在層」を獲得するのに適しています。また、リターゲティング(リマーケティング)広告は一度サイトに訪れたユーザーを追跡できるので、「顕在層」から「顧客」への転換にも力を発揮します。

Yahoo!プロモーション広告
Yahoo!プロモーション広告は、Yahoo! JAPANをはじめ提携パートナーサイトに掲載されるリスティング・ディスプレイネットワーク広告です。

パートナーサイトには「bing」「朝日新聞デジタル」「NAVER」「cookpad」などがあり、女性や高齢者を中心に幅広い層にリーチすることが可能です。

Gooogle AdWords
Google AdWordsは、Googleをはじめ提携パートナーサイトに掲載されるリスティング・ディスプレイネットワーク広告です。

パートナーサイトには「YouTube」「Ameba」「価格コム」「食べログ」などがあります。スマホの普及によりGoogleの検索シェアは年々伸びており、とくに若者やITリテラシーの高い層によく利用されています。

Yahoo!プロモーション広告とGoogle AdWordsは、表示先が異なるだけで機能的にはほぼ同じです。どちらかだけに出稿する場合は、Yahoo!とGoogleの利用ユーザー層と自社サービス・商品の親和性を元に判断するといいでしょう。

3. ネットワーク広告
アドネットワーク広告とは、広告媒体となる多数のWebサイトを集めて「広告配信ネットワーク」を形成し、ネットワーク内の様々なサイト上に広告を掲載する仕組みです。

この広告を活用すれば、アドネットワーク事業者が様々なサイトとの掲載手続きを代行してくれるので、出稿したい広告媒体と一つ一つ契約する必要がなく手間が大幅に省けます。また、自動でコンバージョン率の高い最適な出稿媒体を選定してくれるので、新しい広告媒体を探さずに安定したボリュームで広告を出稿することができます。

表示形式はバナー広告が中心のため、ディスプレイネットワーク広告と同様「潜在層」へのリーチに適しています。Yahoo!プロモーション広告やGoogle AdWordsの運用が軌道に乗った後に、アドネットワーク広告へ追加で予算を投下する運用をおすすめします。

アイモバイル(i-mobile)
アイモバイルが提供する「アイモバイルアドネットワーク」は、国内トップクラスの広告媒体提携数を誇るアドネットワーク広告です。
とくにスマホサイトとの提携に強みを持っているため、若者向けサービス・商品の広告に向いています。

DSP広告(デマンドサイドプラットフォーム)
DSP広告とは、複数のアドネットワークを一度にまとめて運用できる仕組みです。広告主の費用対効果を最大化するために開発されたもので、複数のアドネットワークを一元管理し一括で運用・分析でき、運用担当者の手間を大きく軽減することができます。

DSP広告は、ある程度の広告予算規模があり、3種類以上のアドネットワークを運用する場合に導入することをおすすめします。1、2種類のアドネットワークだけではDSPを介して一元管理するメリットが少ないので、それぞれで運用した方が予算的にも工数的にも効率的といえるでしょう。

MicroAd BLADE
マイクロアドが提供する「マイクロアドブレード」は、国内最大規模の売上シェアを誇る日本製DSP広告です。
BLADEエンジンが広告の入札・配信を自動最適化し、複数のアドネットワークを横断して配信してくれるので広告管理の工数を大きく削減できます。

4. 動画広告
動画広告とは、その名の通り動画形式で配信する広告です。YouTubeで表示される広告動画や、Webページをスクロールすると表示されて動画が配信される形式などがあります。

動画広告はストーリーでサービス・商品の魅力を伝えることができ、広告内で訴求できる情報量も多くなります。クリエイティブ次第では、大きなバズを生み出せる可能性を秘めています。しかし、広告出稿費以外にも動画製作費に数十万~数百万以上の費用が発生することになります。

動画広告も配信ターゲットを設定できますが、リスティング広告やディスプレイネットワーク広告に比べるとユーザーとの親和性が低いため、これらに比べるとコンバージョン率は下がる傾向です。

動画広告は製作費や広告出稿費が大きくかかります。なので、まずはリスティング広告やディスプレイネットワーク広告で集客・コンバージョンを安定させることをおすすめします。ある程度の広告予算規模がある場合に、動画広告で「潜在層」「低関心層」に広くサービス・商品を認知させる目的で活用するといいでしょう。

YouTube
日本でも視聴者数を伸ばし続けているYoutubeに配信できる動画広告です。「TrueView動画広告」であれば、ユーザーが広告を30秒以上視聴した場合か、広告をクリックした場合にのみ広告費が発生するので、比較的低予算から出稿することができます。

AbemaTV
「Ameba」でおなじみのサイバーエージェントが運営するインターネットテレビ「AbemaTV」で、番組ごとに放送されるCM型の広告です。若者の間ではテレビ並みに影響力のある媒体のため、若者向けのサービス・商品では絶大な効果を発揮するでしょう。

5. ソーシャルメディア広告
Facebook、Twitter、LINEなどのSNS上に表示する広告です。サイトへのコンバージョンだけでなく、アカウントのフォロー数やいいね数を増やすこともでき、他の広告よりもユーザーとライトなつながりを築くことができます。

ソーシャルメディア広告は、それぞれのSNSのユーザー特性に応じたクリエイティブにすることが肝です。ユーザーのタイムライン上に表示されるので、ネットスラングを使うなど、通常の広告よりもフランクなユーザーとの距離が近いクリエイティブで反応を得やすい傾向にあります。

「潜在層」「低関心層」の認知が高まり、「顕在層」にはよりファンになってもらえる可能性のある広告です。低予算から出稿が可能なので、リスティング広告・ディスプレイネットワーク広告の次にチャレンジする広告としても最適です。

Facebook広告
FacebookとInstagramのタイムラインに表示させる広告です。他のソーシャルメディア広告に比べて細かくターゲティング設定できるため、より適切なユーザーに広告を表示させることができます。若年層を中心に利用者が急増しているInstagramにも配信できるため、とくに若い女性向けサービス・商品との親和性が高いです。

Twitter広告
Twitterのタイムラインに表示させる広告です。ツイート内容からもターゲットを設定できるため、通常のデモグラ情報では拾えない潜在層にもリーチできる可能性があります。広告はタイムライン上にツイートの一つとして表示されるため、いいねやリツイートを獲得しやすく、クリエイティブによっては大きなバズを生み、広告予算以上のリーチ数を獲得できることもあります。

LINE広告
LINEのタイムラインやLINE NEWS上に表示させる広告です。トーク画面には広告が表示されません。ターゲットは設定できますが、FacebookやTwitterに比べると大まかな区分になるため、獲得単価は高めになる傾向です。しかし、年齢を問わず幅広い層が活用しているLINE上に表示される広告なので、大きな注目を集めることができるでしょう。

6. ネイティブ広告(記事広告)
ネイティブ広告とは、記事やコンテンツ内に違和感なくとけ込み表示される広告のことです。Yahoo!ニュースのタイムラインやメディアコンテンツ内に、「PR」や「AD」といった表記とともに自然に表示されるものです。

広告らしさがないため、ユーザーをストレスなくサイトに誘導することができ、「潜在層」へのリーチが期待できます。遷移先を記事コンテンツ型のランディングページにした場合、良質な記事であればSNSでの拡散も狙えます。

しかし、よくも悪くも広告らしさが少ないため、すぐにコンバージョンにつながりにくく効果の実感には時間がかかる傾向にあります。記事コンテンツの制作にコストと労力がかかるため、広告予算的にも工数的にも余裕が出てから取り組んだのでも問題ないでしょう。

インターネット広告料金

ネット広告の特徴
以下、特にテレビ広告を含むマス広告と比べた時のネット広告の大きな特徴です。

セグメント項目をもとにターゲティングして広告を配信することで、より広告費用効果を高めることができる
広告のインプレッション数(表示回数)、クリック数、クリックした後の成果数(CV)などが計測できるので、費用対効果が可視化できる

※成果地点は広告ごとに異なります。(例:EC上での商品購入、資料請求、会員登録、セミナー申し込み、動画視聴完了、アプリダウンロードなど)

このように、ネット広告により企業のマーケティング活動がより可視化されより戦略的に取り組めるようになりました。

以下、ネット広告の中で主な10種類についてまとめてみました。

2.純広告
純広告とは、特定のメディアの広告枠を買い取り、特定の期間掲載する広告手法です。
次のような課金形態があります。

・インプレッション、PV保証型(表示数を保証)
・期間保証型(掲載期間を保証)
・クリック保証型(クリック数を保証)
・配信数保証型(配信・露出数を保証)

バナー広告(ディスプレイ広告)

(画像:Yahooブランドパネル)

バナー広告(ディスプレイ広告)とは、サイト上に貼られた画像広告を指します。有名なのは、Yahoo!の「ブランドパネル」です。

・インプレッション数、クリック数を報告してもらうことが多い(計測ツールを導入することで、成果数(CV)を計測することも可能)
・出稿先により入稿規定(画像サイズ、画像容量、ファイルタイプ、画像内に主催者情報を入れるか否か)が異なるので入稿の際に注意が必要

メール広告
メール広告とは、電子メールで配信される広告の事です。

・テキストメールとHTMLメールがある
・HTMLメールは画像などの挿入、は開封チェックも可能
・広告の形式としては、メルマガの中に数行で広告を入れる場合と、単独で配信される1社独占の場合がある

純広告のメリットデメリット
【メリット】
・Yahoo!のような大手メディアに掲載することで大量露出し、ブランディング効果が見込める
・不特定多数のユーザーに向けて発信することで、その商品・サービスに興味がない層にもリーチできる

【デメリット】
・成果報酬型ではないので、費用対効果が悪くなる場合がある
・大手メディアの場合、最低出稿金額が高い場合(数百万円~)がある

ウェブ広告(インターネット広告)とは?

インターネット上に掲載される広告の総称です。ウェブ広告にはテキスト広告、バナー広告、動画広告、メール広告、アフィリエイト広告など様々な形式や種類の広告が存在します。ネットの進化とともに次々と新しいウェブ広告が登場していますが、特に人気の高い主要なウェブ広告には下記一覧表のようなものがあります。

どんな人におすすめ? 私は始めるべき?

少額でもスタートできることもあり、事業規模に関わらず、様々な業種・業界のお客さまにおすすめできますが、基本的に高単価の商材やLTV(顧客生涯価値)が高いサービスで特に高い効果が期待できます。
例えば「住宅・不動産」「建築・リフォーム」「自動車販売」「医療・介護」「美容」「士業」「求人」「教育・習い事」「レジャー・サービス」「ブライダル」「通信・回線」「映像・撮影」「コンサルティング」「保険」「EC」などの業種が当てはまります。

また、リスティング広告(キーワード広告)に関しては、自社サイトのSEO対策状況(特定キーワードでの検索結果順位)によってもおすすめ度が異なってきます。

あなたのサイトは上位表示されていますか?

ここ数年のスマートフォンの普及によりネット上での検索回数が飛躍的に伸びています。

年代、性別にかかわらず多くの人が商品・サービスの購入前に「検索」して情報収集します。検索上位に表示されるサイトにお客さまアクセスが集中するわけです。

また、多くのインターネットユーザーは3ページ目までしか検索結果を見ないと言われています。3ページ目以内に表示されていない場合、検索経由の集客アップは非常に難しいと考えて間違いないでしょう。

そこで活躍するのが「リスティング広告」です。

もし自社サイトが集客したいキーワードで上位表示されていない場合、リスティング広告をご検討頂くことをおすすめします。リスティング広告を出稿することで、検索結果の上部に自社サイトを表示することが可能になり、クリックされる確率が高まることで、見込み客を多く集客できるようになります。

「リスティング広告」の人気は年々高まっていますが、人気の理由には以下のような特徴もあげられます。

見込客の集客が可能
検索ユーザーは、購買意欲が高く購入につながる確率が高い層です。

見込客の集客が可能
クリック課金制
料金が発生するのはクリックされた分だけ。広告が表示されただけでは一切お金がかかりません。

クリック課金制
低予算もOK
広告予算は自分で決められるので少ない資金でも実施可能です。

低予算もOK
つまりとても「コストパフォーマンス」が良い広告
であるということです。

デメリットはないの?

メリットの多いリスティング広告ですが、いくつか注意点があります。

競合が増えると費用対効果が下がる(人気キーワードは入札競争になりやすく、広告費が高騰する)
大量集客には向かない(ピンポイントなターゲッティングをするため)
運用に知識や手間が必要(サイト運営者側に知識、人手、時間があれば自分で運用することも可能です)
当社では、人気キーワードで入札単価が高騰した場合、競争を回避するため別のキーワードによる集客戦略に変更するなどの対策を行います。お客さまの目的として、集客数も稼ぎたい場合には、ディスプレイ広告など多くのユーザーにアプローチが可能な広告との併用プランをご提案させて頂きます。






    Select the fields to be shown. Others will be hidden. Drag and drop to rearrange the order.
    • Image
    • SKU
    • Rating
    • Price
    • Stock
    • Availability
    • Add to cart
    • Description
    • Content
    • Weight
    • Dimensions
    • Additional information
    • Attributes
    • Custom attributes
    • Custom fields
    Click outside to hide the compare bar
    Compare
    Wishlist 0
    Open wishlist page Continue shopping
    Audition.com|オーディションドットコム,LTD